[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Edit]

トルコ旅行総括

どうもお久しぶりです。

8日から家族でトルコに旅行に行っておりまして、15日の夕方に我が家に帰ってまいりました。

更新が遅くなったのは、溜まったアニメやら巡回サイトやらを全部消化していたからでありまして、時間が経てば経つほどこういうのってめんどくさくなりますよねw
わざわざ行ったからには、ちゃんと形として残したいと思います。

というわけで、まずは旅の総括ですね。
観光地の写真やら細かいことは後でいっぱい載せたいと思います。



トルコと日本の時差は7時間でしたがサマータイムだったので6時間でした。
通貨はリラで1リラ50円台後半(かなり下落している)で、物価は若干安めでした。

国土は日本の2倍くらいありますが、人口は7000万人ほどで、人口の多くが20代以下という非常に若い国だそうです。現地ガイドによると若者が多すぎて職があまりないとか・・・
自給率は100%を越えておりまして、国土のかなりの部分が農地でしたね。

行ったのは真夏でしたので、日本も暑いですがトルコは日中では40℃を越える日も普通にあり、とにかく暑かったです。
乾燥していると聞いていたのですが、普通に湿度もあり、照り返しがとにかく強かったので、水を飲んでもすぐ蒸発してしまい暑くて暑くて仕方なかったです・・・


歴史上において、エルトゥールル号遭難事件(どのトルコの歴史の教科書にも載っているため、トルコ人はほとんど知っているらしいです)といったこともあり、トルコはかなり親日家が多かったです。

大抵の客商売をする人は簡単な英語を話せるので、言語に困ることはまったくありませんでしたね。
冗談ではなく、日本人は街を歩いてるだけで「コンニチワ」とたくさん話しかけられますよ。
観光客の大半はヨーロッパやロシアからなので、そこまで日本人の観光客は多くないのですが、トルコ人は中国人と韓国人と日本人を見分けるのが上手ですw
商売人の多くは簡単な日本語も話せる上に親日なので、お買い物で困ることはまずありませんでした。
過去の観光客が仕込んだくだらないギャグとかを平気で使ってくるので楽しいですw

なので日本人なら、あいさつ程度の日常会話と数字を英語で理解できればトルコ中を観光でき、トルコ人と簡単に仲良くなれますよ!w
私もエーゲ海沿いの街アイワルクにおいて、小さい船の船長さん(上裸で休憩中)と世間話とかを英語で行い、簡単に仲良くなれましたw 国際交流は良いものですね。




さて、今回は完全に旅行会社のツアー旅行でしたが、結論から言うとトルコで旅行するならツアーしかないですね。
イスタンブールだけ行く!とかいうなら別ですが、トルコ内で色々廻るとなるととにかく移動が多くなり、移動手段もバス一択な感じなので、限られた時間でたくさん観光するならやはりツアーしかないなと感じました。

現地ガイド(現地旅行会社からの派遣?)の方が我々のツアーに最初から最後まで同行しまして、彼は若いんですが本当に日本語および日本に精通していて、ツアーを非常に盛り上げて下さいました。本当に感謝です。

とにかく短い期間で観光地を回れるだけ回るツアーでしたので、毎朝モーニングコールが非常に早く、寝不足分はバス移動で補う感じでしたので、たくさん本を持っていったのですが、途中から体調を崩したこともあり全然消化できなかったですね・・・
モーニングコール3時なんて時もありましたw この日は4時にホテル出発→5時に空港についてチェックイン→6時の便でイスタンブールへ、という流れでなかなかキツかったですね。
最終日はモーニングコールがツアー最遅の7時でして、思わず「遅っ」とか思ってしまうほど、5時台起きが普通な旅でした。。

緯度は日本とあまり変わらないはずなんですが、夜は20時くらいまで明るかったですね。ってサマータイムのせいですかw かなり違和感を感じました。



食事についてですが、野菜も多くたくさんの食材を使っているので日本人の舌にかなり合うと思います。
どの料理にもたくさんの種類のスパイスを入れるので、日本では作り出せないような深い味わいのものが多いです。
ただ、オリーブオイルをどの料理にもたくさん使うので、私は旅の中盤くらいで少し胃をやられてしまいまして、後半はあまり食べられませんでした… それだけが今回の旅行の心残りですね。。。
どうやらミネラルウォーターとたくさんの油の食べ合わせが良くなかったんだと思います。
でも本当にどの料理も美味しかったですよ。
ツアーで連れていかれたホテルやレストランのチョイスが良かったというのもありますが。

ちなみに、トルコはイスラム教国なので豚肉は見かけませんでした。肉といったら牛か羊ばかりでしたね。

ヤギのミルクも多用しておりまして、ヨーグルトやヨーグルトソース料理というものも多かったです。
トルコアイスがすごく伸びるのは、実はヤギのミルクを使用しているからなのです。
デモンストレーションで売り手のおっちゃんや兄ちゃんがビヨ~ンってやってましたが、コーンに乗った1人前分くらいではたいして伸びませんでしたw
普通のミルクアイスと比べると、ヤギのミルクなので少し濃厚で、少し伸びるといった程度でしょうか。

あと、日本でよくあるケバブはドネルケバブ(回転焼き)と言いまして、今回の旅行で私は一度も食べませんでした。シシケバブ(羊肉の串焼き)も食べませんでした。
トルコで"ケバブ"とは羊肉を焼いて調理した料理のことでして色んな種類があるのです。

お米やひき肉をピーマンなどの野菜に詰めたドルマという料理は私のいちばんのお気に入りですw
肉団子料理であるドルマなども美味しかったですね。


そしてなにより忘れてはならないのは"チャイ"であります。
チャイはトルコで紅茶のことでして、トルコ人はみんな(と言っても過言ではない)小休憩を取ったり息抜きをするときに小さいカップでチャイを飲みます。食後にも必ず飲みます。
街を歩くと至る所でみんなチャイを飲んでいて、始めはけっこう驚きましたが慣れてしまうと誰も飲んでいない観光客しかいない状況が異常みたいな感じでしたw

日本で言う「チャイ」はインドの「マサラチャイ」のことでしてミルクが入ってますが、本場トルコのチャイは紅茶に角砂糖を落としていただきます。
どの家庭でも客人にはまずチャイを出す習慣があり、お店などで買い物するときにもチャイが出されたりします。
そのくらいチャイはトルコに深く根付いたものであると感じました。




さて書きたいことは山のようにありますが、今回はこれくらいにしておくとしますw

文字ばかりで読みづらかったですね、すいませんw
次のエントリーからは旅の時系列順で写真祭りな感じにしたいと思います。


ギュレギュレ(See You.)

Trackback

Comment

No title
全裸で待機とか彼らはいったい何を待っているんですか!!
  • 2010-08-19│03:24 |
  • anemoe URL│
  • [edit]
No title
>>anemoe氏
×全裸○上裸
  • 2010-08-19│14:15 |
  • 暇猫 URL│
  • [edit]
No title
トルコは料理美味しいと聞くから行ってみたいっす……。

イギリスやアイルランドなんかも行きたいけどご飯が美味しくないとかで……ケルティックな世界を堪能したいんだけども。
  • 2010-08-19│22:02 |
  • アシラ URL│
  • [edit]
No title
>>アシラ氏
トルコ人はお酒もたくさん飲みますよー
まぁビールはEFESビールしか無いんだけどもw
  • 2010-08-20│05:43 |
  • 暇猫 URL│
  • [edit]
No title
いっぱい観光して、なおも朝早く起き続けるのは辛そうだ!!!
日本語ちょっと話せたり楽しそうだねw

写真期待してます・w・b
  • 2010-08-24│09:01 |
  • すら URL│
  • [edit]
No title
>>すら氏
トルコ人は基本的に日本人に対して好感度MAXなので楽しいですよ~
  • 2010-08-26│00:49 |
  • 暇猫 URL│
  • [edit]

Post a comment

Font & Icon
Secret


プロフィール

暇猫

Author:暇猫
オタク大学生の雑記です。gdgd生活の報告、アニメ、PCパーツ、大相撲、旅行や料理の写真とかそんな感じで気まぐれに更新してます。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アクセスカウンター

最近の記事

ブログ内検索

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。