[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Edit]

トルコ旅行総括

どうもお久しぶりです。

8日から家族でトルコに旅行に行っておりまして、15日の夕方に我が家に帰ってまいりました。

更新が遅くなったのは、溜まったアニメやら巡回サイトやらを全部消化していたからでありまして、時間が経てば経つほどこういうのってめんどくさくなりますよねw
わざわざ行ったからには、ちゃんと形として残したいと思います。

というわけで、まずは旅の総括ですね。
観光地の写真やら細かいことは後でいっぱい載せたいと思います。



トルコと日本の時差は7時間でしたがサマータイムだったので6時間でした。
通貨はリラで1リラ50円台後半(かなり下落している)で、物価は若干安めでした。

国土は日本の2倍くらいありますが、人口は7000万人ほどで、人口の多くが20代以下という非常に若い国だそうです。現地ガイドによると若者が多すぎて職があまりないとか・・・
自給率は100%を越えておりまして、国土のかなりの部分が農地でしたね。

行ったのは真夏でしたので、日本も暑いですがトルコは日中では40℃を越える日も普通にあり、とにかく暑かったです。
乾燥していると聞いていたのですが、普通に湿度もあり、照り返しがとにかく強かったので、水を飲んでもすぐ蒸発してしまい暑くて暑くて仕方なかったです・・・


歴史上において、エルトゥールル号遭難事件(どのトルコの歴史の教科書にも載っているため、トルコ人はほとんど知っているらしいです)といったこともあり、トルコはかなり親日家が多かったです。

大抵の客商売をする人は簡単な英語を話せるので、言語に困ることはまったくありませんでしたね。
冗談ではなく、日本人は街を歩いてるだけで「コンニチワ」とたくさん話しかけられますよ。
観光客の大半はヨーロッパやロシアからなので、そこまで日本人の観光客は多くないのですが、トルコ人は中国人と韓国人と日本人を見分けるのが上手ですw
商売人の多くは簡単な日本語も話せる上に親日なので、お買い物で困ることはまずありませんでした。
過去の観光客が仕込んだくだらないギャグとかを平気で使ってくるので楽しいですw

なので日本人なら、あいさつ程度の日常会話と数字を英語で理解できればトルコ中を観光でき、トルコ人と簡単に仲良くなれますよ!w
私もエーゲ海沿いの街アイワルクにおいて、小さい船の船長さん(上裸で休憩中)と世間話とかを英語で行い、簡単に仲良くなれましたw 国際交流は良いものですね。




さて、今回は完全に旅行会社のツアー旅行でしたが、結論から言うとトルコで旅行するならツアーしかないですね。
イスタンブールだけ行く!とかいうなら別ですが、トルコ内で色々廻るとなるととにかく移動が多くなり、移動手段もバス一択な感じなので、限られた時間でたくさん観光するならやはりツアーしかないなと感じました。

現地ガイド(現地旅行会社からの派遣?)の方が我々のツアーに最初から最後まで同行しまして、彼は若いんですが本当に日本語および日本に精通していて、ツアーを非常に盛り上げて下さいました。本当に感謝です。

とにかく短い期間で観光地を回れるだけ回るツアーでしたので、毎朝モーニングコールが非常に早く、寝不足分はバス移動で補う感じでしたので、たくさん本を持っていったのですが、途中から体調を崩したこともあり全然消化できなかったですね・・・
モーニングコール3時なんて時もありましたw この日は4時にホテル出発→5時に空港についてチェックイン→6時の便でイスタンブールへ、という流れでなかなかキツかったですね。
最終日はモーニングコールがツアー最遅の7時でして、思わず「遅っ」とか思ってしまうほど、5時台起きが普通な旅でした。。

緯度は日本とあまり変わらないはずなんですが、夜は20時くらいまで明るかったですね。ってサマータイムのせいですかw かなり違和感を感じました。



食事についてですが、野菜も多くたくさんの食材を使っているので日本人の舌にかなり合うと思います。
どの料理にもたくさんの種類のスパイスを入れるので、日本では作り出せないような深い味わいのものが多いです。
ただ、オリーブオイルをどの料理にもたくさん使うので、私は旅の中盤くらいで少し胃をやられてしまいまして、後半はあまり食べられませんでした… それだけが今回の旅行の心残りですね。。。
どうやらミネラルウォーターとたくさんの油の食べ合わせが良くなかったんだと思います。
でも本当にどの料理も美味しかったですよ。
ツアーで連れていかれたホテルやレストランのチョイスが良かったというのもありますが。

ちなみに、トルコはイスラム教国なので豚肉は見かけませんでした。肉といったら牛か羊ばかりでしたね。

ヤギのミルクも多用しておりまして、ヨーグルトやヨーグルトソース料理というものも多かったです。
トルコアイスがすごく伸びるのは、実はヤギのミルクを使用しているからなのです。
デモンストレーションで売り手のおっちゃんや兄ちゃんがビヨ~ンってやってましたが、コーンに乗った1人前分くらいではたいして伸びませんでしたw
普通のミルクアイスと比べると、ヤギのミルクなので少し濃厚で、少し伸びるといった程度でしょうか。

あと、日本でよくあるケバブはドネルケバブ(回転焼き)と言いまして、今回の旅行で私は一度も食べませんでした。シシケバブ(羊肉の串焼き)も食べませんでした。
トルコで"ケバブ"とは羊肉を焼いて調理した料理のことでして色んな種類があるのです。

お米やひき肉をピーマンなどの野菜に詰めたドルマという料理は私のいちばんのお気に入りですw
肉団子料理であるドルマなども美味しかったですね。


そしてなにより忘れてはならないのは"チャイ"であります。
チャイはトルコで紅茶のことでして、トルコ人はみんな(と言っても過言ではない)小休憩を取ったり息抜きをするときに小さいカップでチャイを飲みます。食後にも必ず飲みます。
街を歩くと至る所でみんなチャイを飲んでいて、始めはけっこう驚きましたが慣れてしまうと誰も飲んでいない観光客しかいない状況が異常みたいな感じでしたw

日本で言う「チャイ」はインドの「マサラチャイ」のことでしてミルクが入ってますが、本場トルコのチャイは紅茶に角砂糖を落としていただきます。
どの家庭でも客人にはまずチャイを出す習慣があり、お店などで買い物するときにもチャイが出されたりします。
そのくらいチャイはトルコに深く根付いたものであると感じました。




さて書きたいことは山のようにありますが、今回はこれくらいにしておくとしますw

文字ばかりで読みづらかったですね、すいませんw
次のエントリーからは旅の時系列順で写真祭りな感じにしたいと思います。


ギュレギュレ(See You.)
スポンサーサイト

[Edit]

true tears 聖地巡礼終了!

昨日の23時に出発した夜行バスは8時半頃に横浜駅に着きまして、まっすぐ帰宅し風呂に入ってゆっくりしたところであります。

天気が良くなかったり、お金があまりなかったり、行く先が見つからないなど色々と大変なこともありましたが、非常に充実した3日間+αを過ごすことが出きました!

というかものすごく疲れました。


アラスカの旅行記もまだ終わっていないけれど、今回の旅の記録もちゃんと書きたいと思います!
もちろん聖地との比較つきでw


いやはや旅行は良いものですね。
でも3月はもうお金ないので遠出はできそうにありません・・・


それではとりあえずゆっくりしたいと思います。
miyamigo氏、本当にお疲れ様でした!!
また機会があったら次はどこに行こうかね?w

[Edit]

true tears 聖地巡礼中です

ただいま富山県砺波市の漫画喫茶にいます。

今日は本当に長かった!そして疲れた!


朝6時過ぎに富山駅に着き、富山市内観光と思いきや城しかないのですぐ終わり、食事をして休憩してから八重津浜海岸へ。

と思いきやライトレール蓮町駅から徒歩30分という情報はガセ(というか絶対に不可能)で、結局1時間近く歩き通してようやく第一ポイントに。

富山駅までバスで戻ってファボーレのある速星駅まで向かおうとするものの、とにかく電車が少ないので駅中をうろうろしているうちに今川焼(七輪焼)をゲット。

ファボーレもなんとかたどり着き、お好み焼きとラーメン(とセットのカレー)を食べ、とりあえず高岡駅まで移動。

城端まで行って色々と廻る時間もないし、かといって高岡で時間をつぶすところもないので、城端にある温泉に行こう!ということで城端まで電車に揺られること1時間。

城端駅の展示コーナーにある、声優さんや監督や聖地巡礼者とかの書き込みでびっしりのノートを見たりして、駅の観光案内のお姉さん?にいちばん近い温泉を聞き、地図をもらう。

ところがどっこい、日も暮れ始めるもののとにかくたどり着かない!
まっくらの畑と民家しかない道をEZナビウォークやらYahoo地図を駆使して歩くこと1時間、それでもたどり着かない! 
近くに住む人のアドバイスをもらって山を登っていき、ようやく温泉にたどり着きました。正味1時間半も歩きましたw

でもまぁとにかく温泉は素晴らしかったです!! 露天風呂入ったりサウナ入ったりして、帰りはもちろんタクシーで城端駅へ。
21時半頃の終電に乗って砺波駅へ。
道に迷ったりしつつようやく今いるところまでたどり着いた次第であります・・・


さてさて、今日の結論から言うと、徒歩と電車での巡礼は本当にキツイです・・・

明日も天気良くなさそうなので心配ですね。というかあさっても天気悪いってどういうことなの?

明日は朝一で城端の巡礼をして、昼前に白川郷へ行き、ひぐらしの巡礼を軽くしてから城端に戻って完全コンプリートする予定であります。

隣の部屋にいるmiyamigo氏、今日は本当にお疲れ様でした!
明日も頑張りましょう!!



それではおやすみなさい。


写真は家に帰ったらいっぱい上げたいと思います!

[Edit]

アラスカ旅行記06 「2日目・チェナ温泉」

犬ぞりの後、ついに温泉に入ってきました!

諸事情で写真は撮れなかったので、↓のHPとかで雰囲気を味わってみてください
まぁカメラが濡れたら嫌だったのと、肖像権的な意味なんですがw

http://www.chenahotsprings.com/photo-gallery/the-healing-waters/
http://www004.upp.so-net.ne.jp/alaskakai/chenainfo.html#anchor11
冬の写真はあまりないみたいですが…

水着着用でものすごく大きな露天風呂だったので、温泉というより巨大野外温水プールみたいな感じでした
直径43mの露天風呂と、室内には小さなジャグジーと小型プールがありました。
先に中のプール入っちゃうと外出た時に寒く感じてしまうので、オススメは更衣室出たらすぐに露天風呂行くことです。

また、人間は-15℃位の中で水着1枚でも30秒くらいなら耐えられることもわかりましたw
室内から屋外に出て2,30秒だけ歩かなくてはならないんですね。

でも一度温泉に入ると、かなり温かかったです。
中央付近は36℃くらいで周囲の岩の付近は42℃くらいあったのでしょうか。
正直外気が寒すぎて何度くらいかさっぱり分かりませんでしたが。

顔だけ外に出していると、5分くらいで髪の毛が凍ってきますw
ハードスプレーで固めたときみたいに毛束がバリバリになりましたw

数十分ほど楽しんでから温泉を出ました。
相当ポカポカになりまして、その後2時間くらい外に出てましたが全然平気な感じでした。


温泉って英語だと Hot Spring って言うんですね。知りませんでした。
直訳で温かい春ですか。なかなか詩的ですねw


とまぁそんな感じで、時間があったのでチェナ温泉の村の中をうろついて写真撮ったりしてました。


以下はその時の写真祭りな感じです。

画像はクリックすると別ウインドウで大きく表示されます。

IMG_1056.jpg

IMG_1057.jpg
奥の湯気上がってるとこが温泉の岩風呂です

IMG_1060.jpg

IMG_1059.jpg

IMG_1067.jpg

IMG_1076.jpg
木が綺麗なんですよね

IMG_1071.jpg
温泉の近くまで接近

IMG_1079.jpg
川からも湯気が立っています


温泉池みたいなものがあり、カモ達がいっぱい泳いでいました。
IMG_1080.jpg
以下カモ画像集ですw
湯気でなかなか綺麗に撮れていないのが残念ですが…

IMG_1083.jpg

IMG_1085.jpg

IMG_1086.jpg
首突っ込んでエサ探す仕草がなんともかわいらしいです

IMG_1087.jpg

IMG_1088.jpg

IMG_1089.jpg

IMG_1091.jpg

IMG_1092.jpg

IMG_1094.jpg

IMG_1095.jpg

IMG_1098.jpg

IMG_1102.jpg
いつも群れから別行動のカップルです

IMG_1103.jpg

IMG_1107.jpg
カモシリーズ終わりですw


IMG_1109.jpg

IMG_1110.jpg
人があまり見えなかったのでw

IMG_1112.jpg

IMG_1116.jpg

IMG_1120.jpg
ロッジの一つ。添乗員が泊まってたみたいです

IMG_1121.jpg
けっこう積もってるんです

IMG_1122.jpg
温泉の入り口

IMG_1126.jpg

ご飯をこの中で食べます。部屋がいくつもあってけっこう広いです。お土産物も売ってます。

IMG_1127.jpg

IMG_1128.jpg

IMG_1130.jpg



そしてこの後、チェナ温泉内にあるアイスミュージアムに行きました。(写真は後日)

そしてそして、結果から言えばいちばんオーロラを見れたチェナ山頂に出発であります!





続く

[Edit]

アラスカ旅行記05 「2日目・犬ぞり、チェナ温泉にて」

すべての画像はクリックすると別ウインドウ(またはタブ)で大きくなります。
一応1000×750に統一してあります。ファイルサイズ的にこれくらいが限度でした。


2日目は午前10時には起きなければならなかったので睡眠は6時間弱。

IMG_0964.jpg

IMG_0965.jpg

IMG_0966.jpg
チェナ温泉には前日の夜に着いたので、明るい景色をようやく見れました。やっぱり太陽が低いですね。


犬ぞり体験の時間も迫っていたので、さっそくチェナ温泉の村外れにある犬ぞり場へ。
IMG_0968.jpg

IMG_0970.jpg
この写真の反対側にもこれの半分くらいの犬小屋があったので、おそらく100頭くらいはいるのではないでしょうか。


犬ぞりはそもそも現地の人達(都市部を除くアラスカの人達)にとって、観光目的でも何でもなく日常で使う有効な交通手段だったりします。
村から村への移動にはもちろん獣道くらいしかなく、機械で進もうものなら万が一故障してしまった時に確実に遭難してしまいます。
しかしながら犬ぞり場合、一言「Go home!!」と命令すれば匂いを辿って確実に家に帰れるわけです。
一番多い犬ぞりの使われ方は、子供の小学校への行き帰りだそうです。
またアラスカでは犬ぞりレースも盛んであり、高額の懸賞レースに勝つために血統書付きの犬が売買されるなどのビジネスとしての側面も持ちます。
そういったわけで、非常に多くのソリ犬(シベリアンハスキーやマラミュートやエスキモー犬など)がアラスカでは飼われているのです。


IMG_0969.jpg
この子たちが我々(客4人+飼い主のお姉ちゃん)を引っ張ってくれます。

IMG_0971.jpg
なぜか自分が先頭に座ることに。かなり窮屈ですw

IMG_0974.jpg
寄ってきました。

IMG_0976.jpg
いつ出発するのー? とでも言いたげな表情w


なかなか発進しないので色々撮ってました。

IMG_0977.jpg

IMG_0978.jpg

IMG_0982.jpg

IMG_0981.jpg
そろそろ出発でしょうか。

IMG_0983.jpg
呼吸が早くなってきて準備万端。


Let’s Go!!
IMG_0984.jpg
あんまり速度上がらないですw

シャッタースピード調整してる余裕なないので、プログラムオートでとにかく撮影しまくりました。

IMG_0987.jpg

IMG_0988.jpg
けっこう揺れます。

IMG_0990.jpg
スピードが上がってきました

IMG_0992.jpg
とっても綺麗なところに出ました。

IMG_0993.jpg
ここでいったん停止。

IMG_0995.jpg
雪がとってもきれいに積もっていて非常に幻想的です!

IMG_0996.jpg
一時停止したあと再発進。

IMG_0997.jpg
橋を渡ります(ちょっとピンぼけ)

IMG_0998.jpg

IMG_1000.jpg
犬たちの息もかなり上がってきました。
なかなか良い感じに撮れました。

IMG_1001.jpg
坂もなんなく登ります

IMG_1002.jpg

IMG_1005.jpg
もう少しだからがんばれ!

IMG_1007.jpg
ロッジが遠くの方に見えて参りました。

IMG_1010.jpg
お家が近くなったのでスピードも上がる?w

IMG_1011.jpg

IMG_1012.jpg
ちょ、危ないって!と思ったけどここは後ろの方の数頭がカバーしてくれたので問題ナシ。

IMG_1013.jpg
ゴールです。


IMG_1014.jpg
お疲れ様。と犬ぞり場のボスが出てきて各頭をねぎらっています

IMG_1015.jpg

IMG_1016.jpg

IMG_1017.jpg

ご苦労様でした。

IMG_1019.jpg
と思ったのもつかの間、次のグループが呼ばれて参りました。

IMG_1024.jpg

IMG_1026.jpg

IMG_1020.jpg

IMG_1021.jpg


IMG_1027.jpg
ソリはこんな感じです

IMG_1029.jpg
逞しいですね

なんか擦り寄ってきましたw
IMG_1032.jpg
かわいいです
IMG_1033.jpg

IMG_1034.jpg
スタンバイOKです

IMG_1036.jpg
隣の子に自分のエサも食べられて涙目。
なんかすごい泣き叫んでましたw

IMG_1037.jpg
早くスタートしたいワン!



さてさて、正味30分くらいでしょうか。けっこう疲れたので犬ぞり場を後にしました。

IMG_1039.jpg
薪ストーブ小屋です。かなり温かい。

IMG_1041.jpg

IMG_1042.jpg

IMG_1044.jpg

IMG_1046.jpg

IMG_1047.jpg

IMG_1048.jpg

IMG_1049.jpg

本当に綺麗なところでした!


この後ブランチを食べて、いざ温泉へ出陣!!





続く






PS.
日記1つ書くのに1時間かかった!w
少しでも写真を楽しんでいただけたら幸いです。

プロフィール

暇猫

Author:暇猫
オタク大学生の雑記です。gdgd生活の報告、アニメ、PCパーツ、大相撲、旅行や料理の写真とかそんな感じで気まぐれに更新してます。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

アクセスカウンター

最近の記事

ブログ内検索

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。